--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 05. 21  
続く2戦目は

このところ勝ててない川鶴戦

何とか勝ちたい。

ところが開始早々の1点があれよ、と言う間に入ってしまい・・・

もう一度気持ちを立て直そうとするものの・・・もう1点を追加されてしまう

気持ちが焦るばかりで、本来の自分たちのサッカーがさせてもらえない。

勝つ気があるのか???

という気持ちと

もう負けてしまうかも・・・・

という気持ちが交錯します。



いわよう

いわよう、粘りを見せました。


瑞樹


M樹も懸命にボールを追いかけます。

1人がボールを持てば・・・あっという間に周りを囲まれます。

ゆう突破

それでもYはその壁を突破して、ゴールに向かう姿を見せてくれました。

自分たちのサッカーが見えてきた瞬間でした。


前半、終了。


2-0

この2点が重く重くのしかかります。

つい、息子に向かって、「最初の失点はお前の責任だよ。必ずやりきってこい!」

心の中で叫べばいいものの・・・本人に向かって言ってしまった

何とか頑張ってほしい。

ただそれだけなんだけど・・・


絶対、自分たちのサッカーをすれば大丈夫。


ハーフタイムのコーチのゲキは半端なかったです。

勝ちたい。

子供たち以上にあきらめていなかった。

スイッチが入った

川鶴2

後半に入って、セカンドボールを奪えるようになってから、本来の自分たちのサッカーができてきた。

川鶴3

1点を返した。

川鶴4

何とかもう1点。

願うとかなうのか・・・

追加点を入れて・・・2-2の同点に。


川鶴5


続いてもう1点。

3-2と勝ち越した。

このまま集中力を持っていこう。

終了のホイッスル

川鶴戦

3-2で勝ちました

まさにミラクルでした。


あきらめた瞬間、気持ちで負けているんだ。

子供たちの秘めた力を見せてもらったゲームでした。

まだまだ課題の多い内容ではありましたが、粘りを見せて勝てたことは、これからの子供たちに自信をくれるに違いありません。

ますます頑張ってほしいです。


明日は、コスモスU-11交流戦。

どんどんチャレンジして大きく羽ばたけ!

Sでした。
スポンサーサイト
NEXT Entry
コスモスU-11 交流試合
NEW Topics
新年度始動!
親子サッカー
第7回埼玉県第4種リーグ戦西部・川越入間北部地区
全日本少年サッカー大会西部地区一次予選
第37回全日本サッカー大会西部地区一次予選・1日目
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ライオンイレブン

Author:ライオンイレブン
FC2ブログへようこそ!

やっぱりサッカーが好き
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。