--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 02. 14  
我が家の息子の部屋にはカレンダーが2枚並んでいる。


いつからかわからないが彼なりの使用方法のようだ。


一つは予定を書き込んだり、目標を書き込んだりする。

048_R.jpg


そしてもうひとつにはサッカー日記ならぬサッカーカレンダーである。


その日の練習や試合の内容について書き込んでくのだ。




昨日の東武鉄道杯を振り返って彼は一言、こう書いたのだ。


050_R.jpg


自分のせいで負けた日




思わず涙が出た。

本人が一番辛いのだろう。

昨日のクリアミス、判断ミスはそう、息子なのだ。

負けてしまった要因はまだほかにもあるだろうけど、確実に抑えておきたいところで1失点・・・

目標として無失点を掲げていただけに悔しいだろうし、ほんの一瞬の判断ミスが悔やまれるのだろう。

胸に刻んでおきたかったのかもしれない。


この息子の言葉にはっとさせられた。

コーチからもいい点、悪い点をそれぞれに指摘されたに違いない。

母としてできること、疲れた体を癒せるようにご飯を作ること。

「ここはすごくよかったよ」

率直な感想を言ってみた。

少し顔がほころんだ。


いつも以上に念入りにユニフォームを洗ったSでした。

スポンサーサイト
NEXT Entry
4年生 U-10交流戦
NEW Topics
新年度始動!
親子サッカー
第7回埼玉県第4種リーグ戦西部・川越入間北部地区
全日本少年サッカー大会西部地区一次予選
第37回全日本サッカー大会西部地区一次予選・1日目
Comment
No title
目標-結果
いわゆるサッカーノートですね。素晴らしい!

このことは、2年前に高校サッカー選手権を制した流通経済大柏高校の本田監督による選手育成法について書かれていることに通じるものがありますね。

「目標を書かせて、目に触れさせて、口に出させた。あの子たちは、そういったトレーニングを2年やりました。グラウンドでまず、みんなにあいさつをして、名前を名乗って「宣言」をして、よろしくお願いしますと言って練習が始まる。“もじもじ君”は、やり直し。自分が何の一番になりたいのかを大きな声で言う。「ドリブルの日本一」とか「キックの日本一」とか。中には「掃除の日本一」とかもいるんですけど(笑)。そういうのを堂々と言ううちに、羞恥(しゅうち)心がなくなって、自分の思っていることを言えるようになります。だから、インタビューも私より選手の方がうまいと言われる(笑)。」

目標を書き・声に出すということで、イメージ及びメンタルトレーニングになるのではないのかな。
 試合前から相手が強いと思ってしまう。調子の良い時と悪い時の差がある。これはメンタル面からきているものだろう。もちろん日々の練習や努力も必要だが。
サッカーも奥が深いものですね。

 R志君
「All for one、one for all」でライオンズを盛り上げていってください。期待してます。

感銘を受けた応援者より
S.Y.P.Pさんへ
いつもお世話になります。
このブログを読んでたくさんの方からお声をいただき、正直驚いています。
そして心から幸せに思います。こんな素敵な仲間がいるんじゃないかと。
子供もだけど、私たち親も本当に仲間でいられることに感謝です。仲間を信じ、自分を信じみんなで盛り上げていってほしいと思います。
これからもよろしくね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ライオンイレブン

Author:ライオンイレブン
FC2ブログへようこそ!

やっぱりサッカーが好き
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。