--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 03. 23  
2013年2月17日(日)


川越市少年サッカー卒団大会

6年間の集大成ともいえるこの大会でみんはどれだけ力を見せることができるか。



予選リーグ、ブロック1戦目はバッハロー




卒団大会1



K吾のコーナーに



卒団大会2



きっちりとヘッドで合わせたR河。

惜しくもゴールにならなかったけど、いい形でゲームを作っているぞ~





卒団大会3




そしてとっても面白いシーン。

試合中だけど・・・・M輝とR河が二人同時に靴ひも直してる





卒団大会4



そえようのゴールシーン。




卒団大会5



キーパーをかわし、ふんわりと押し込む。




卒団大会6





Y成が積極的に攻撃に絡みチャンスを作る。


なかなか波に乗れずに先制点を奪われれる。

気持ちを切り替えて集中できた。

この試合、5-2で勝ち。



続くブロック2戦目は・・・・


イーグルファイター



卒団大会7


こうして戦うのも久しぶり。

そしてこうして戦うのも今回が最後。


お互い頑張りましょう。




卒団大会8



R河、体を入れてしっかりとやりきる。



卒団大会9


正面からゴールに向かうこと多いそえようがサイドからチャンスを作る。


これはおもしろい展開だ。




卒団大会10


いわようがヘッドでひろい・・・



卒団大会11



R河が拾い・・・・・



卒団大会12



純がひろう・・・


とにかく先にボールを触る。

セカンドを落とさない。

チャンスはそこから生まれる。





卒団大会13



いわようのシュート!!!!




卒団大会14



ご~~~~~る。





卒団大会15



そしてもう一発



卒団大会16




決まった!!




卒団大会17


そしてそえようがもう1点を追加し



4-1で勝ち。




ブロック1位抜け。




連日の疲れも見せず、よく頑張ったと思います。

つづく2日目は

いい勢いのまま乗り切りたいところ。



Sでした。













2013. 03. 22  
2013年2月16日(土)

岩鼻サッカーグランド



松山の大会に招待していただき、この日は4試合をこなしました

気温も低く、風が強いく吹いた一日で体感温度も低かったと思います。

応援母も逃げたくなるような一日でした。

6年間で一番、寒くて風も強くて帰りたいと思った1日だったかもしれません。


それでも子供たちは弱音を吐かずに最後まで頑張るんです。

すごいなと思いました。


予選リーグは

新明   0-3



体格もよくプレスも早い。

どう戦うか・・・


松山カップ秋19



序盤からそえよう、果敢にゴールを狙います


松山カップ秋2



K吾が積極的に攻撃に絡み、チャンスを作ります。



松山カップ秋3





小川   5-0




松山カップ秋4



いわようのシュート。

打たなきゃ入らない。

打って終わらなきゃ意味がない。


伝わってくるプレーでした。




2位パートへ進出。

芳野SC  5-0



松山カップ秋5


そら、攻守に活躍


ゴーグル姿もすっかり板についてきました。




2位パート決勝は

笠幡   6-0




松山カップ秋6



K吾、落ち着いています。



松山カップ秋7


純がボールをおさめた・・・・

どこに出す?

自分でいく?




松山カップ秋8



R河、小柄ながらも体を張って守り、前につなげます。




松山カップ秋9



R志、ドリブルで抜けたらゴールを狙う




松山カップ秋10



無意識だろうけど・・・・

R河も純もすごい態勢



松山カップ秋11



松山カップ秋12



そしてそらがシュートを決めました!!!!!


絶妙なタイミングで顔を出したそらが迷わずに放ったシュート

ナイスシュートでした




松山カップ秋13


サイドからR伍が攻撃のチャンスをうかがいます。

相手のプレスにも負けない






松山カップ秋14


M樹、最後までボールを追いかけます。


松山カップ秋15


M輝、どう展開させる?




6-0で勝ち、2位パート優勝を決めました。


あまりにも風が強く、日も暮れる勢いで・・・・

最後は記念写真すら撮れず・・・・



寒くて風が強い一日でしたが、またまた勉強になることがたくさんありました。

大会関係者の皆様、お世話になりありがとうございました。

Sでした。






2013. 03. 22  
2013年2月10日(日)     芳野杯

芳野小   8人制



芳野SCさん主催のジュニアサッカー大会。2日間に渡り行われたこの大会は、

毛呂山カップの決勝トーナメントに出場している6年生にかわり、1日目の予選リーグを5年生が戦いぬいてくれました。

1位パートへの切符を渡してもらった6年生は、何としても勝たなければ・・・・そんな思いで臨んだ大会です。



2日目初日は、パンサー



芳野杯1



絶対負けないだからこそ蓮のゲキが飛びます。




芳野杯2


Y成、集中しています。




芳野杯4



そえよう、積極的にゴールを狙います。


弾かれても・・・



芳野杯5



M樹が詰めてゴール!!




芳野杯6



芳野杯7


K吾、ぴったりと相手に詰め寄ります。




芳野杯8



打たれてもしっかりとキャッチ。




芳野杯9



この試合は、点を取っても取り返され・・・・


なかなか手に汗を握る試合でした。



芳野杯10


蓮、しっかりとキャッチ。絶対にこぼさないぞ~。



芳野杯11



M樹が仕掛け・・・



芳野杯12



M輝が仕掛け・・・



芳野杯13


K吾が守る。


6-3で勝ち、決勝トーナメント2回戦へコマを進めます。


2戦目はなめがわFC


8人制はとにかくスピード感があって楽しい展開。

K吾のCKもこんなに間近で見られる。



芳野杯14



4-1で勝って決勝戦へとコマを進めました。



芳野杯15



芳野杯16



芳野杯17


さあ、この優勝カップに手が届くか・・・



芳野杯18



決勝戦を前にコーチとともに全員で円陣を組みます。

気合いは十分。


決勝のお相手は芳野SC



芳野杯19


いわようのシュート



芳野杯20


6-1で勝ち。

速い展開でなかなかピントが合わせられなかった・・・

ぼけてしまって使える写真があまりなかったのが残念。

JCN関東さんが決勝戦の模様をテレビ放送してくれました。

録画いたしましたのでご覧になりたい方は、Sまで。





そしてどうしてもお伝えしておきたい。

そえようのおじいちゃんです


芳野杯21


子供たちが1年生のころからどこの試合でも駆けつけて応援してくれたおじいちゃん。

暑い日も寒い日も子供たちと一緒に過ごしてくれました。


調子がいい子には

「今日は乗ってるな。どんどん点を取ってきてな」

と声をかけ、

調子が悪い子には

「どうした?足の調子はどうだ?活躍待ってるぞ」

そう声をかけてくれました。




スポーツ観戦が大好きなおじいちゃんは、試合展開はもちろん子供たちの様子をよく見てくれるからこそ、そう声をかけてくれたのだと思います。

そえようのおじいちゃんだけど、6年生全員のおじいちゃんでもありました。


本当に温かく見守ってくださり、ありがとうございました。

一緒に過ごしてくれてありがとうございました。

これからもお体を大事にしてずっとそえようの一番のサポーターでいてください。

ライオンズ6年生のこれからの活躍も一緒に見守っていただければと思います。


Sでした。


2013. 03. 21  
毛呂山カップ決勝戦

20130年2月9日(土)

決勝戦のお相手は、この一年を通して4種リーグでも戦った にっさいFC


6年生最後の集大成、全力で戦いましょう



毛呂山カップ決勝1



選手、入場



序盤からバンバン仕掛けていきます。

最初のチャンスはいわようから・・・




毛呂山カップ決勝2



ドリブルでゴール前まで駆け込むと、迷わずシュート!!




毛呂山カップ決勝3



キーパーに弾かれると、



毛呂山カップ決勝4



あきらめずにすかさず粘りのシュート!!



毛呂山カップ決勝5



ところがここでも粘るにっさいの守りに阻まれる。



毛呂山カップ決勝6



これで決まりだ!!

いわよう、渾身のシュート




毛呂山カップ決勝7




決まった




毛呂山カップ決勝8


ゴールへの執着心が生んだシュート。

一気に追加点をいただこう。

優勝をめざし前進する子供たち。


一方・・・・



毛呂山カップ決勝9



前半精彩を欠いたDFでベンチに下げられたR志。

悔しいだろう。

でも、このゲームにかけるチームの勢い。

何が求められているのか考えてみよう。

瞬時の判断でチャンスにもピンチにもなる。

スポーツはこの「悔しい」って思う気持ちが大事だと思う。

悔しいって気持ちが、プレーはもちろん精神的にも成長させてくれるはずだから。


これは全員に言えること。

いつも調子がいい時ばかりじゃないと思う。

これから先、サッカーを続けていくみんなにそんな時でもくじけずに頑張ってほしい。

その悩んだ時間がきっと成長させてくれるから。




毛呂山カップ決勝10



連日連チャンの試合で完全に声が出なくなっている蓮。


それでも彼は試合中、ずっと声を出し続ける。


これがチームの勢いをつけるのだ。





毛呂山カップ決勝11



蓮は声でもプレーでも仲間を鼓舞し続ける。



毛呂山カップ決勝12



前半の悔しさをきっちりと返したいR志。

スイッチが切り替わっていいそ~




毛呂山カップ決勝14



そえようが走る。

真っ向勝負だ



毛呂山カップ決勝15



M輝、攻守にわたり、冴えてるぞ




毛呂山カップ決勝18




毛呂山カップ決勝19



そしていわよう、サイドから勝負を仕掛ける。




毛呂山カップ決勝20



相手のDFにぴったりと張り付かれても、負けてない。




毛呂山カップ決勝21



ゴール決めました!!



毛呂山カップ決勝22



M樹、粘ってチャンスを作る。



波に乗れたライオンズ。



2-0で勝ち、毛呂山カップ優勝


表彰式の模様は、すでにお伝えしました。

こちらをご覧くださいね。


            



http://kawagoelions.blog24.fc2.com/blog-entry-498.html






Sでした。


お次は・・・・芳野杯の試合の模様をお届けします。

卒団まであと2日。

お伝えしたいシーンはまだまだあります。










2013. 03. 16  
毛呂山カップ決勝トーナメント

2戦目は・・・・鶴ヶ島ブルーウィングス


夏の育成大会ぶりの対戦です。


あれから両チームどれだけ成長できたか、精一杯戦い、お互い頑張りましょう



毛呂山カップBW1



子供たちの成長ぶりがうかがえる表情です。

みんな自信を持って試合に臨みます。




毛呂山カップBW2




こんな弾ける笑顔をずっと見せてほしい。




序盤から積極的に攻めていくライオンズ。



毛呂山カップBW3


K吾のコーナーキック



毛呂山カップBW4



R河、何としても触ってくれ~


CKのチャンスを生かし切れない教訓から、かなり練習を積み重ねてきた子供たち。

最近では、結構きれいに決まることあるんですよ~。

ピシャっと決まった瞬間は、気持ちがいいです。

対戦相手だけでなく、参加チーム全員に

「今の見てくれましたか?きれいだったでしょ?」


そう心の中で自慢したくなるくらい、感激します




「1、2、4」


そう叫ぶ番号の意味をいまだに母たちはちゃんと理解できていない。

番号通りに飛ばない時もあるから(笑)

そうではなくて・・・・

頭の柔らかい子供たちには、かなわないな~



毛呂山カップBW5



キーパー蓮だってハーフラインまで上がって攻撃参加です。




毛呂山カップBW6


シュートが決まれば、喜びを分かち合います。




毛呂山カップBW7



迎えるメンバーの顔、迎えられるメンバーの顔、みんないい顔です。




この試合、6-1で勝ち。



毛呂山カップBW9



予選リーグの成績表



毛呂山カップBW8



いよいよ決勝へコマを進めました。

ここまできたら優勝しかない


子供たちにテンションは一気に高まります。


決勝戦のお相手は・・・・・坂戸にっさいFC


Sでした。

プロフィール

ライオンイレブン

Author:ライオンイレブン
FC2ブログへようこそ!

やっぱりサッカーが好き
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。